2017.11.2

楽天、浜松市と電子図書館サービスで提携…和洋書160万点以上提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)は1日、静岡県浜松市とITを活用した読書環境の整備と、多言語教育によるグローバル化促進に向けた相互連携について包括協定を締結した。

タブレット端末などから電子図書コンテンツが閲覧可能に

 今回の協定により、浜松市立図書館では18年から、楽天グループが展開する電子図書館サービス「Rakuten OverDrive」の利用が可能となり、手持ちのタブレットやスマートフォン、パソコンから、電子図書コンテンツが閲覧できるようになる。さらに、市内の所定の図書館(6館)では、楽天コミュニケーションズ(株)が提供するWi-Fi接続環境とタブレット端末(12台)の利用により「OverDrive」が体験できる。

1 2

関連記事