2017.11.1

ヤマトHD、Q2は128億円の営業損失…人的コスト増が影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマトホールディングス(株)が10月31日発表した2018年3月期(4~9月)第2四半期連結決算は、売上高にあたる営業収益が前年同期比3.3%増の7298億200万円、128億8700万円の営業損失(前年同期は209億4300万円の営業利益)、120億8700万円の純損失(同115億5400万円の純利益)と、大幅な赤字に転じた。

デリバリー事業は273億円の営業損失

 同社グループでは、「働き方改革」を経営の中に据え、「デリバリー事業の構造改革」「非連続成長を実現するための収益・事業構造改革」「持続的に成長していくためのグループ経営構造改革」の3つの改革を実施。このうち「デリバリー事業の構造改革」として、宅急便の総量コントロールを行い、大口の法人顧客に対し、繁忙期の出荷調整や再配達削減などの要請、運賃の見直し交渉を進めてきた。その一方で、宅急便の取扱数量増加に伴う外部戦力を含めた人的コストの増加が利益を圧迫し、厳しい業績となった。

1 2

関連記事