2017.11.1

ワコールQ2、国内不振で減収減益…海外事業は好調に推移

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ワコールホールディングスが10月31日発表した2018年3月期第2四半期(4~9月)連結決算は、売上高が前年同期比0.4%減の1019億7600万円、営業利益が同28%増の100億9200万円、純利益が同19.2%減の74億3700万円だった。

 

 

カタログ通販の不振で国内は苦戦・海外は好調

 ワコール事業(国内)は、売上高が同1.9%減の604億2700万円、営業利益が同23.3%増の58億2100万円となった。快適性を訴求したブラジャー『GOCOCi(ゴコチ)』が大きく伸びたほか、東京・大阪圏での百貨店ではインバウンド需要により大きく売上を拡大。その一方で、「ウイング」ブランドの販売キャンペーンが不調だったこと、店舗閉鎖や在庫抑制の影響を受けたことなどにより卸売事業を中心とした売上高は、前年同期に比べて2%の減少となった。

1 2

関連記事