2017.10.17

大手の半額で配送、中小物流会社らが共同仕分宅配センター設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ライフポーターは16日、首都圏の中小運送会社・倉庫会社8~10社と共同で、宅配便の仕分けから配達までを行う「共同仕分宅配センター」を来年3月、千葉県浦安市に設立すると発表した。中小物流会社が共同で利用する仕分け・配送センターを設立するのは全国で初。

 

物流倉庫外観

運賃は大手宅配便の5割程度

 協同組合または出資契約の形態で運営し、大手宅配便の5割程度の運賃で配送することで、荷主側の経済的負担を軽減するという。さらに、大手宅配会社より約5割増しの配達手当をドライバーに支払うなど、個人運送事業者の収入アップや労務・職場環境の改善にも取り組むとしている。

1 2

関連記事