2017.10.11

楽天市場のSPU、ポイント最大8倍に拡大…楽天ブックスも対象に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)は10日、楽天市場のスーパーポイントアッププログラム(SPU)の付与ポイント倍率を、10月から最大8倍に拡大すると発表した。

 

 

新テレビCM「SPUのうた篇」も開始

 SPUは、対象となる楽天の各種サービスを組み合わせて利用することで「楽天スーパーポイント」の付与率がアップするプログラム。楽天市場では通常100円(税込)の買い物に対し「楽天スーパーポイント」1ポイントの付与となるところ、SPUでは「楽天市場アプリ」「楽天カード」「楽天モバイル」「楽天プレミアムカード・楽天ゴールドカード」の利用状況に応じて、自動的に付与ポイント倍率が増加する。

 

 今回のプログラム拡充では、SPU対象サービスに「楽天ブックス」が追加。ポイント倍率は、これまでの「最大7倍」から「最大8倍」となる。

 

 ポイントの内訳は、(1)「楽天市場アプリ」を当月1回以上利用:ポイント+1倍、(2)「楽天カード」を楽天市場の支払いに利用:ポイント+3倍、または「楽天プレミアムカード」「楽天ゴールドカード」を利用:ポイント+4倍、(3)「楽天モバイル」通話SIMを契約:ポイント+1倍、(4)「楽天ブックス」で当月1回の注文で1000円以上(税込)の利用:ポイント+1倍。

 

 同社では、今回のプログラム拡充に伴い、楽天の公式キャラクター「お買いものパンダ」と「小パンダ」が登場する新テレビCM「SPUのうた篇」を、12日から全国で放映する。

 

■「スーパーポイントアッププログラム」

関連記事