2017.10.5

リピストが「LINE@」と連携、LINEから情報発信が可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)PRECSは5日、ECカートシステム「リピスト」と「PRECS」が、LINE(株)が提供する店舗・企業向けLINEアカウント「LINE@」と連携したと発表した。

LINEでのメッセージ・ログインが可能に

 LINE@との連携で、「リピスト」と「PRECS」を利用するECサイトは、LINEのメッセージでユーザーに連絡できるようになったLINEのメッセージはメールと比較して開封率が高く、LINE@から情報を発信することで、ユーザーとのより密接なコミュニケーションが可能となる。

 

 また、LINEアカウントでログインできるようになるため、購入前のユーザーの必要動作を削減することができる。また、LINEアカウントでログインした際に購入に至らなかった場合でも、友だちになることで、店舗からのメッセージが届く見込客に引き上げることができ、顧客育成と売上向上が期待できる。

 

 これまでは、注文完了の連絡やクーポンの配布など、自社ECサイトから会員に連絡する手段はメールが主流だったが、ECサイトを利用するユーザーは普段の連絡手段にLINEを使用していることから、同社ではLINE@との連携に至った。また、同サービスの利用は、LINE@のプロ(API)プランの契約が必要となる。

 「リピスト」と「PRECS」は、同社が提供するASP型のカートシステムで、導入実績は400社以上。「リピスト」がスタートアップ向けで、「PRECS」が総合通販向けとなっている。

 

PRECS

 

関連記事