2017.9.12

佐川急便、中部⇔東北間の宅配便を鉄道輸送にモーダルシフト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SGホールディングスグループの佐川急便(株)は11日、トヨタ輸送(株)が運行する『TOYOTA LONGPASS EXPRESS』を活用したモーダルシフトを、愛知県~岩手県間の宅配便幹線輸送で9月下旬から実施すると発表した。

 

 

年間でドライバーの運行時間1685時間を省略

 今回のスキームで、これまでトラック輸送を行っていた佐川急便の中部エリア(愛知県・岐阜県・三重県の一部)から東北エリア(青森県・秋田県・岩手県の一部)までの区間の宅配便(31フィートコンテナ1台分)を鉄道輸送に切り替えるもの。『TOYOTA LONGPASS EXPRESS』の空スペースを活用することで、輸送コストの削減につなげる。

1 2

関連記事