ヤマト運輸「羽田クロノゲート」が食品安全の国際規格認証を取得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマト運輸(株)は6日、羽田クロノゲートベースが、Global Food Safety Initiative(以下GFSI)承認国際規格FSSC22000の認証(物流カテゴリー)を取得したと発表した。物流カテゴリーでの取得は世界で初。

 

オーディス(株)最高審査責任者 齋藤 恵美、ヤマト運輸 長尾裕社長

食品取扱事業者としての信頼度が向上

 FSSC22000は、GFSIが承認する食品安全の国際規格。初版発行は09年で、17年1月に輸送および保管のカテゴリーが設けられている。認証組織数は世界で16019件、日本では1088件(17年8月24日現在)。

1 2

関連記事