アスクル・ヤフーなど22社・団体、緊急災害対応団体「SEMA」設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アスクル(株)は8月31日、ヤフー(株)など民間企業16社・NPO6団体と共同で、緊急災害対応アライアンス「SEMA(シーマ)」(SEMA:Social Emergency Management Allianceの略)を設立した。

 

 

通販関連企業が災害時の物資・サービスをワンストップで支援

 「SEMA」は、日本国内での大規模自然災害発生時に、民間企業とNPOの連携により企業が持つ物資・サービスなどの支援をワンストップで提供することを目的とした団体。自然災害が日本社会や被災者に与えるインパクトを最小限に食い止め、早期復興を促すことを目指して設立された。「SEMA」では、平時から加盟企業・団体が持つ物資・サービスなどをリストとして集約。災害発生時には、そのリストをもとに各社が行う支援をパッケージ化し、迅速に被災地に届ける。また、公共機関との連携を図り、支援の漏れや無駄を減らして被災自治体の負担を軽減する。

1 2

関連記事