スタートトゥデイQ1、営業利益59%増…スマホ経由が79.4%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)スタートトゥデイが7月31日発表した2018年3月期第1四半期(4~6月)連結決算は、売上高が39.4%増の214億5100万円、営業利益が同59.3%増の79億8100万円、純利益が同54.5%増の55億3200万円となった。

 

 

新規出店ショップの拡充・CRM策・決済手段拡充などが奏功

 ファッションECサイト「ZOZOTOWN」のユニークユーザー拡大・コンバージョン率向上のため、幅広いジャンルのブランドを拡充したほか、ブランドクーポンなどのプロモーションの効率化、CRMシステム活用による多様なコミュニケーションの実施、多様な決済手段の提供などを実施したことが奏功し、大幅な増収増益となった。

1 2

関連記事