2017.7.27

企業のデータ保管、クラウドが54%・オンプレミスは44%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テラデータ・コーポレーションが25日発表した、世界9カ国の上級エグゼクティブを対象としたクラウド活用に関する調査によると、日本企業の54%がすべてのデータをクラウドに保管しており、残りの44%はオンプレミス(データ・センター)のみを使用していることが分かった。

 

 

日本企業はクラウドでの保管に慎重

 同調査は、世界9カ国(オーストラリア・フランス・ドイツ・日本・イギリス・アメリカ・インド・スペイン・ロシア)の大企業で、意思決定権を持つ上級エグゼクティブ900人(各国100人)を対象に行われたもの。対象業種は、ヘルスケア、製造、金融、石油・ガス・電気、公共部門、メディア・通信、小売り、エンターテインメント、交通など。

1 2

関連記事