2017.7.18

Hacobu、「MOVO」にトラックの位置把握機能を導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)Hacobuはこのほど、輸送中のトラックの現在地と到着予測時刻をリアルタイムに確認ができる機能を、同社の事業者向け配送サービス「MOVO(ムーボ)」に導入した。

 

 

トラック位置情報を自動更新・端末を安価で販売

 同機能では、輸送中のトラックの位置情報を5秒に1回取得し、トラックの位置とその情報を元にした到着予測時刻をインターネット上で表示。荷主は「MOVO」のマイページからリアルタイムにトラックの現在地などを確認できる。位置情報の発信は、同社が提供する車載専用端末「MOVOスティック」を用い、情報の発信と給電は、スティックを輸送トラックのポート(OBDコネクタまたはシガーソケット)に差し込むだけ。

1 2

関連記事