2017.7.18

ファストリQ3、ユニクロ国内EC売上は17.3%増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ファーストリテイリングが13日発表した2017年8月期第3四半期(3~5月)決算は、売上高が前年同期比3%増の1兆4777億円、営業利益は同23.9%増の1806億円、四半期利益は同67.6%増の1285億円となった。

 

 

 売上総利益率は前年同期比で0.7ポイントと改善。前年から進めていた経費削減対策を全社で強化した結果、売上販管費比率も同0.7ポイント改善した。また、5月末の為替レートが期初に比べて円安になったことから、金融損益に為替差益133億円を計上。親会社の所有者に帰属する四半期利益は同69.1%増の1201億円と大幅な増益となった。セグメント別の業績では、海外ユニクロ事業は増収増益、国内ユニクロ事業とグローバルブランド事業は増収減益となっている。

1 2

関連記事