問い合わせの45%がAIで対応可能と判明…サッポロ・NRI

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サッポロホールディングス(株)と(株)野村総合研究所が6日発表したAI(人工知能)技術を用いた業務効率化に関する共同実証実験の結果によると、サッポログループへの問い合わせ内容のうち45%はAIだけで回答できることがわかった。

AIの活用による“働き方改革”を提唱

 同実験は、16年12月1日から17年4月30日までサッポログループ従業員を対象に実施。グループ本社機能分担会社(人事・総務・経理・情報システムなど)のサッポログループマネジメント(株)が、NRIのAIソリューション「TRAINA(トレイナ)」を用いて行った。

1 2

関連記事