女性の85%がネットで買いたい商品を検索…ニールセン調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

ニールセン ジャパンは7月13日、「未来の女性に関する調査結果(消費者行動編)」を発表した。 調査によると「今後5年の余剰資金を何に充てるか」と聞いたところ、34歳以下の女性は35歳以上に比べ貯蓄傾向が高かった。また、65歳以上の女性は「緊急時の備え」「健康・美容アイテム」「娯楽」にお金を配分する傾向が、他世代に比べ高かった。 「商品購入の際に影響を与える事柄」を聞いたところ、ほとんどの種類の商品で「価格」が選ばれた。

 

一方で、家族のための金融サービス選択(どこの銀行やクレジットカードを使うかなど)については「信頼できるブランド」、保育(家庭内、家庭外の両方)は「家族や友人の勧め」がもっとも影響があることがわかった。 「買いたいものをインターネットで検索する人」は全体の8割以上(85%)に上り、若い世代ほどその傾向が強いことが分かる。

1 2

関連記事