セール情報を顧客に配信、「LINE」にビジネスアカウント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「LINE@」イメージ画像 NHN Japanは11月19日、同社が運営する無料通話・無料メールスマートフォンアプリ「LINE」において、飲食店などの店舗やテレビ・雑誌などのメディア、地方自治体の公共団体向けに、ビジネスアカウント「LINE」を12月上旬より開始すると発表した。

 

 ビジネスアカウント「LINE」は、当該アカウントを「友だち追加」したユーザーに対して、メッセージやクーポン・セール情報などを直接配信できるサービス。飲食・アパレル・美容・宿泊施設などの実店舗を運営する事業者や、新聞・テレビ・ラジオ・雑誌などのメディアを対象に、月額5250円(税込)で提供する。また、地方自治体などの公共団体には、同機能を無料で提供する。

 

 配信した情報はプッシュ型で直接ユーザーに通知されるため、ダイレクトメールやメールマガジンなど既存のマーケティング手段と比較して、高い閲覧率が期待できるが、LINE内の公式アカウント一覧ページには露出しないため、自社の店舗や番組・誌面でLINE IDを周知し、購読者を増やす必要がある。また、メッセージの配信数に制限はないが、購読者数の上限は1万人までとなる。初回は開始月を含む3カ月間は月額費用が無料となる。

関連記事