機能性化粧品市場、「ホワイトニング」が5%増の781億円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

 富士経済は9月25日、「機能性化粧品の国内市場調査」を行い、その結果を発表した。

 

 調査結果によると、アンチエイジングでは、老化症状の抑制・改善を訴求するスキンケア化粧品「リカバリー・プロテクト」の2011年市場が前年比3.4%増の3321億円、12年見込は同2.3%増の3397億円となった。また、美白効果と老化症状の改善を訴求する「ホワイトニング」は、11年が同5.8%増の781億円、12年見込は同4.1%増の813億円とした。

1 2

関連記事