消費者庁、業界団体にトクホの品質管理徹底を要望

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image 消費者庁は30日、特定保健用食品(トクホ)の許可取り消しとなった日本サプリメント問題を受け、(公財)日本健康・栄養食品協会(日健栄協)に対し、トクホの自主的な品質管理の徹底を求めた。

 

 日本サプリメント問題では、許可時の関与成分が規定量含まれていない製品や、関与成分そのものが含まれていない製品があった。消費者庁は、日健栄協にトクホの関与成分量が申請書の記載通りに含まれているかどうかについて、調査を依頼している。

関連記事