「サイバーセキュリティのスキル重視」は56%、日本が最低に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

マカフィー(株)が6日発表した国際調査レポート「Hacking the Skills Shortage」によると、日本を含む世界8カ国の回答者の82%が「サイバーセキュリティの人材不足」を認識しており、71%が「人材不足により直接的で重大な損害が発生している」と回答していることがわかった。

 

 同調査は、米国のシンクタンク「戦略国際問題研究所(CSIS)」と協力し、民間と国家組織で発生しているサイバーセキュリティに関する人材不足についてまとめたレポート。組織内でサイバーセキュリティに携わる責任者775人にインタビューした(日本は75人)。

1 2

関連記事