「金属だとフライパンに傷」…消費者庁、テレビ通販会社に措置命令

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

imageテレビショッピングの番組で「耐摩耗テスト50万回クリア」などと放送してフライパン商品を販売していたが、実際は金属製品だと50万回未満で傷がついたとして、消費者庁は1日、テレビ通販の(株)オークローンマーケティングに対し、景品表示法に基づく措置命令を出した。

 

 対象商品はテレビ通販で人気商品となっていた『セラフィット』。消費者庁によると、同社は2014年5月23日から15年11月16日にかけ、CS放送・BS放送・地上放送などで、「ダイヤモンドの次に硬いセラミックを使用」「セラフィットは50万回擦っても傷まないことが証明されました」とする音声や映像を放送していた。

1 2

関連記事