セブン&アイ、売上高3.2%減…通販事業は約30億の赤字

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

図1(株)セブン&アイ・ホールディングスが7日発表した2017年2月期第1四半期(3~5月)決算は、売上高が前年同期比3.2%減の1兆3947億4900万円、営業利益が同0.5%減の814億8300万円、純利益が同2.2%増の431億5000万円となった。

 

 原油安で北米コンビニエンスストアのガソリン売上が235億円減少したことや、百貨店事業や通信販売事業の苦戦で減収となった。百貨店事業などでの減益のほか、オムニチャネル戦略に関する費用の増加が影響し、営業利益は同0.5%減となったが、経常利益は同1.5%増の823億8500万円、純利益は同2.2%増の431億5000万円となり、ともに第1四半期として過去最高益となった。

1 2

関連記事