企業のWEBサイト、企業側は「動画」・生活者は「内容」を重視

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロゴ(株)電通パブリックリレーションズが22日発表した「第2回企業広報力調査」「第1回企業魅力度調査」の結果によると、企業のWEBサイトは、企業側は動画を重視する一方、生活者は動画コンテンツという形式より、「ストーリー性・客観的な情報・体験や利用シーン」などの内容に魅力を感じていることがわかった。

 

 「第2回企業広報力調査」は、上場企業3664社の広報担当者を対象に2~4月にかけて実施した調査。「第1回企業魅力度調査」は3月、1万人の生活者を対象に、どのような企業に魅力を感じるかを調査した。

1 2

関連記事