日本のスマホ使用率は54%、iOS比率66%で世界トップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウンコンサルティング(株)が18日発表した「世界40カ国、主要OS・機種シェア状況」によると、日本のスマートフォン使用率は54%で、OS比率はiOSが世界でトップとなる66.2%、Androidが33.1%だった。

 

 同調査は、世界40カ国を対象に、モバイルの各国主要OS・機種シェアについて調査したもの。今回調査した世界40カ国のうち、スマートフォン使用率データを抽出できたのは38地域で、そのうち33地域では50%以上の使用率となった。OSはiOSとAndroidのシェアが多い状況で、機種はiOS単独機器であるAppleのシェアが最も多かったが、Androidの使用率が高い地域ではSamsungのシェアが高くなった。

1 2

関連記事