SBロボティクスとMSが協業、オムニチャネル支援ロボを開発へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

ソフトバンクロボティクス(株)とマイクロソフト コーポレーションは8日、クラウドロボティクス分野で協業すると発表した。

 

 協業の第一弾として、2社は人型ロボット「Pepper」とクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を活用した次世代のクラウド対応ロボットを開発。マイクロソフトの大画面コラボレーションデバイス「Surface Hub」や2in1デバイス「Surface」を使って、クラウド対応ロボットが、顧客ニーズに応じた接客をする小売業界向け次世代型店舗ソリューション「未来の商品棚(仮称)」を共同で構築する。同ソリューションは、日本マイクロソフト(株)と連携し、2016年秋をめどに日本市場で提供を開始する。

1 2

関連記事