15年のネット通販利用世帯は27.6%、02年の5.2倍に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グラフ総務省が3日発表した「家計消費状況調査」の統計トピックスによると、ネットショッピングを利用した世帯の割合は2015年で27.6%となり、02年(5.3%)の5.2倍に急増していることがわかった。

 

 2015年のネットショッピングを利用した世帯(2人以上の世帯)の割合は、前年比2.5ポイント増の27.6%で、統計を開始した02年から13年連続で前年を上回った。15年の利用世帯を60代以下に限定すれば、36.9%となる。  

1 2

関連記事