15年総広告費は微増、ネット広告が全体をけん引…電通

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image(株)電通が23日発表した「2015年日本の広告費」によると、2015年の日本の総広告費は、前年比0.3%増の6兆1710億円となり、4年連続で前年実績を上回った。2015年の総広告費は、前年の消費増税前の駆け込み需要や「ソチオリンピック2014」、「2014FIFAワールドカップ ブラジル大会」開催に伴う反動減、海外経済の景気減速や個人消費の伸び悩みなどが影響し微増となった。

 

 媒体別にみると、「新聞広告費」(前年比6.2%減)、「雑誌広告費」(同2.3%減)、「ラジオ広告費」(同1.4%減)、「テレビメディア広告費」(同1.2%減)を合計した「マスコミ四媒体広告費」は同2.4%減となった。「インターネット広告費」(同10.2%増)は、スマートフォン・動画・新しいアドテクノロジーを利用した広告が堅調に伸長し、全体をけん引した。「プロモーションメディア広告費」は同0.9%減だったものの、屋外広告、POP、展示・映像ほか、は増加した。テレビメディア広告費のうち、衛星メディア関連は同1.5%増となった。

1 2

関連記事