ベネッセHD、純利益113%増…海外通教と介護事業が好調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

(株)ベネッセホールディングスが5日発表した2016年3月期第3四半期(4~12月)連結決算は、売上高が前年同期比4.6%減の3311億5800万円、営業利益が同62.2%減の154億8500万円、純利益は同113.4%増の77億7900万円となった。

 

 売上高・営業利益・経常利益は減収減益だったが、特別損失の減少で純利益は増益となった。減収の主な要因は、個人情報漏えいにより営業活動を自粛し、主力の通販教育講座「進研ゼミ」「こどもちゃれんじ」の会員数が減少したこと。国内教育カンパニーの売上高は同16.6%減の1443億9100万円、営業利益は同73.5%減の92億6600万円となった。

1 2

関連記事