エアークローゼット、事業拡大で10億円調達…大手が資本参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image(株)エアークローゼットは5日、ファッションレンタルサービス「airCloset」の事業拡大に向け、ジャフコSV4共有投資事業有限責任組合、寺田倉庫など複数社から、10億円弱の資金を調達すると発表した。

 

 資金調達先は、ジャフコが運営するジャフコSV4共有投資事業有限責任組合、寺田倉庫、クリーニング業大手のホワイト急便を展開する中園ホールディングス、クレディセゾンのコーポレートベンチャーキャピタルであるセゾン・ベンチャーズなど。大手企業の資本参加により、財務基盤の確保や倉庫運用、クリーニング分野で業務提携し、ファッションレンタル事業での業務体制強化を図る。

1 2

関連記事