健康食品のネット表示、31商品に改善要請…消費者庁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

消費者庁は2015年12月25日、健康食品などのインターネット上の虚偽・誇大表示調査(15年7~9月)で、26事業者の31商品の表示に健康増進法に違反するおそれがある表現が見つかり、事業者とECモール運営者に表示の改善を要請したと発表した。

 

 主な検索キーワードは、「ダイエット」「痩身」「脂肪燃焼」「美白」など、容姿を美化したり、皮膚や毛髪を健やかに保つ効果があるような表現。表示されていた健康増進効果は、「脂肪燃焼」「新陳代謝を向上」「老廃物の除去効果」など。

関連記事