2015.11.2

ヤフー四半期利益85.6%増、広告売上増とアスクル子会社化で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

 ヤフー(株)が10月30日発表した第2四半期(4~9月)連結決算は、売上高が前年同期比22.4%増の2488億7100万円、営業利益が同60.3%増の1519億3100万円、四半期利益は同85.6%増の1247億6200万円となった。ディスプレイ広告の売上増やアスクル(株)が連結子会社になったことなどで、大幅増益となった。

 

 コンシューマ事業は、「ヤフオク!」の売上が増加したことやアスクルが子会社になったとで、売上高が同44.1%増の823億円、営業利益は同2.8倍の928億円となり、全売上の33.1%を占めた。EC国内流通総額は同14.9%増の6446億円となった。このうちアスクルのBtoB事業経由の売上高は163億円。「Yahoo!ショッピング」は購入者数・再購入率ともに増加。「LOHACO」と合計した取扱高は同26.7%増と大幅に拡大した。

1 2

関連記事