ベルーナ増収増益、総合通販事業で収益改善

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

 (株)ベルーナが7月31日発表した2016年3月期第1四半期決算(4~6月)は、売上高が前年同期比3%増の340億4400万円、営業利益は同66.9%増の18億4600百万円、経常利益は同86.9%増の23億6900万円だった。総合通販事業での収益改善や、為替相場の変動により大幅な増益となった。

 

 総合通販事業は、売上高が同1.1%減の203億2100万円となったが、売上原価率や物流費率の改善などで、利益は同169.3%増の10億8500万円となった。専門通販事業は、(株)ナースリーなどが順調に売上を伸ばし、売上高は同6.8%増の80億2400万円、利益は1億7800万円となった。店舗販売事業は、アパレル店舗事業に加え和装店舗事業も順調に売上を伸ばし、売上高が同52%増の24億1700万円、利益は3100万円(前期同期は9600万円の損失)となった。

関連記事