日本郵政・IBM・Appleが「高齢者向け生活サービス」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

 日本郵政グループは4月30日、IBMとApple連携し、高齢者向けタブレットなどを活用した「高齢者向け生活サービス」の提供に向けた実証実験を2015年下半期から開始すると発表した。

 

 実証実験では、日本郵便(株)の「みまもりサービス」を展開している地域などから対象地域を選定し、地域の高齢者にIBM とAppleが開発した高齢者向けの専用アプリとタブレットなどを配布する。コンテンツは、自宅での申込みによる「買い物支援サービス」や自治体と連携した「地域情報サービス」など。全国2万4000の郵便局ネットワークを活用して高齢者とのリアルのコミュニケーションを強化し、バーチャルとリアルが融合したサービスを提供する。

関連記事