住友商事、中国とインドネシアでEC事業を展開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

 住友商事は3月7日、中国およびインドネシアにてインターネットによる日用品の販売事業を展開すると発表した。

 

 同社は、2011年11月に住商電子商務(本社:上海)を、2012年2月にPT Sumisho E-commerce Indonesia(本社:インドネシアジャカルタ市)を設立。住友商事の事業会社である爽快ドラッグの運営で培ったインターネット店舗経営のノウハウや商品調達力に加え、住友商事グループの物流機能を活用することで、内需拡大が続く中国やアジア新興国におけるeコマース事業展開を進める。

1 2

関連記事