2015.2.16

「楽天チケット」で個人情報流出、メンテナンスで作業ミス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天子会社の(株)チケットスターは15日、同社が運営するチケット販売サイト「楽天チケット」などで、169人分の個人情報が流出した可能性があると発表した。 流出した疑いのある個人情報は、氏名・住所・電話番号・メールアドレスで、クレジットカードは含まれていない。14日21時ごろから15日0時45分の時間帯、同サイトでチケットを購入・購入しようとした利用者や会員ページにログインした利用者に、別の利用者の個人情報が表示された。楽天が所有する球団のチケット販売サイト「イーグルスチケット」(東北楽天ゴールデンイーグルス)や「VISSEL TICKET」(ヴィッセル神戸)でも、同じ障害が発生した。 原因はサーバーメンテナンス時の作業ミスで、外部からの攻撃ではなかったとした。同社はホームページに「ご迷惑とご心配をお掛けしたことを改めて深くお詫び申しあげます」と謝罪のコメントを出している。

関連記事