2014.11.6

非対面から対面へ、大きく舵をきった「あきゅらいず美養品」 独自のブランディングとCRM戦略に迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

心肌体と向き合うシンプルなスキンケアと、女性の心に寄り添った対応で、顧客満足度を高めている(有)あきゅらいず美養品。「スキンケアに頼るのではなく、暮らしそのものを見つめる」考え方が共感を呼び、同梱チラシでは2.21%という高いレスポンス率をたたき出したこともあるという。今回は同社代表の南沢典子さんに、独自のブランディングと商品づくり、CRM、そして新たな取り組みを聞いた。

スキンケアにとどまらず、農園、パン教室など

「素肌でいきいきと暮らすための手段」を実践・提案 あきゅらいず美養品は、“美を養う”をコンセプトに、主にスキンケア製品の企画・開発、販売を行っている。 2003年の創業当時はスキンケア事業のみだったが、現在は社員食堂「森の食堂」の一般開放や、スタッフが米や野菜の栽培を体験する「あきゅ農園(山口県岩国市)」、国産小麦と天然酵母を使ったパン教室「森のパン楽校(がっこう)」、薬膳レシピの研究を行う「薬膳応用研究所」、屋久島でエッセンシャルオイルの抽出・販売・SPA運営を行う「やわら香(やわらか)」など事業を拡大。スキンケアから派生した「素肌でいきいきと暮らすための手段」を実践し提案している。 事業を拡大した理由を南沢さんに尋ねると、 「私たちは『2・8の法則』と呼んでいますが、2割が『スキンケアでどうにかできること』、あとの8割は『食事と暮らし方』なんです。肌トラブルの対処に欠かせないことは『食事と暮らし』。あきゅらいず美養品の仕事は、お客様の肌と向き合うとともに、暮らしを見つめ直すきっかけを提供することだと考えています」 現在はスキンケア事業が売り上げの核となっているが、将来的には全事業をスキンケアと同様の規模に引き上げたいという。

1 2

関連記事