2014.11.4

生協の「地域見守り協定」、導入自治体が829件に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みやぎ生協の夕食宅配(配食事業)の様子 日本生活協同組合連合会は10月31日、宅配担当者が地域の高齢者の状況を確認する「地域見守り協定」を導入する自治体などが、全市区町村の3分の1以上なる829件に拡大したと発表した。

 

 生協は宅配や夕食宅配で、毎週同じ曜日・時間、担当者が地域を回り、商品を配達している。地域住民と触れ合う機会が多いことから、自治体などと「地域見守り協定」の締結を進める生協が拡大。契約件数は全国43都道府県の81生協と自治体などとの間で829件に上っている(10月末時点)。3月末から半年で1.2倍になった。協定では担当者が配達の際、組合員や地域の高齢者などの異変に気付いた場合、事前に取り決めた連絡先に速やかに連絡・通報を行うというもの。通報・救助事例も増えているという。

関連記事