2014.9.4

景表法改正 事業者が講ずべき広告表示の適正管理の指針案(消費者庁)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

久保京子の「ネットショップCS情報局」より

平成26年12月1日に施行が決まった景品表示法の改正。 「不当景品類及び不当表示防止法等の一部を改正する等の法律(平成26年法律第71号)」 今回の改正では、事業者に広告表示を適正管理するための体制整備の義務付けが盛り込まれています。不当な表示が行なわれたか、その結果として消費者に被害が認められたかに関わらず、管理体制に不備があれば「公表」というペナルティが事業者には課されることとなります。 この、事業者が講ずべき広告表示の適正管理に関して、その適切かつ有効な実施を図るために必要な指針が定められることとなっており、その指針案についてのパブコメが募集されています。 (意見提出の締切日は平成26年9月16日(火)) 指針案と具体的事例について、2回に分けてポイントを整理します。

1 2

関連記事