通販通信

通販コスメ年間購入額、徳島がトップの2万3281円
2017/01/13

クリップボード01 (公社)日本通信販売協会(JADMA)が12日発表した「ジャドマ県民通販大調査」レポート第2弾によると、通販化粧品の年間購入額1位は「徳島」で2万3281円となった。

 同調査は、直近1年で通販を利用したことがある全国の20~60代男女1万人を対象としたインターネット調査。

 女性による通販化粧品の年間購入額は、2位は「千葉」(2万3050円)、3位は「奈良」(2万2604円)となった。最も購入額が低かったのは「秋田」(1万1739円)だった。全国平均の年間購入額は1万7245円。県民性研究家の矢野新一氏は「徳島は少女時代から阿波踊りで口紅をつけるなど、化粧への意識が高い。商人の文化で、昔からお買いもの上手が多いことから、賢く買い物をするために通販を利用しているのでは」と分析した。

 ファッション関連の通販年間購入額は、1位が「千葉」(3万957円)、2位が「福岡」(2万5927円)、3位が「京都」(2万5081円)だった。全国平均は1万6747円だった。矢野氏は「千葉は東京への通勤者が多く、全国的にも通勤時間が長い県。通勤時のスキマ時間に通販を利用していると考えられる」とした。

 健康食品・サプリメントの年間購入額は、1位が「三重」(1万9634円)、2位が「宮城」(1万9281円)、3位が「岐阜」(1万9270円)となった。矢野氏は「三重は野菜があまりとれない地域で、食事での栄養不足を健康食品で補っているのでは」とした。全国平均は1万4936円だった。

■「ジャドマ県民通販大調査」レポート第2弾
http://www.jadma.org/tsuhan-kenkyujo/

この記事をクリップ!
通販ニュース